ウォーターサーバー徹底比較.net

ウォーターサーバーの比較

ウォーターサーバー比較方法 あなたに合ったウォーターサーバーを見つけるには 昨今、災害への備えや水道水への安全性の懸念などの観点から、企業や一般家庭でウォーターサーバーの需要が高まりつつあります。 しかし、いざインターネットでウォーターサーバーについて調べてみると、色々なウォーターサーバーが表示され、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 そういった場合には比較サイトを利用するのはもちろん、どういったウォーターサーバーがあり、自分が求めるウォーターサーバーの特徴をあらかじめ明確にしておくと、スムーズに決めやすくなります。 今回はウォーターサーバーを比較するポイントについて紹介します。

コスト面

ウォーターサーバーの導入を考える際に、一番に気になるのは「コスト面」だと思います。 ウォーターサーバーにかかるコスト面は大きくわけて、サーバーレンタル代、お水代、電気代、メンテナンス代があります。

サーバーレンタル代

ウォーターサーバーを利用する際は、メーカーからサーバーをレンタルする方式が主流です。なかには買い取り方式や、レンタル代が無料になっているメーカーもあります。 レンタル代の相場としては500~1000円程度になっています。

お水代

ウォーターサーバーは注文するボトルの数(水の量)でお水代が決まります。 一本12Lがおおよその目安で、ガロン表記になっているものや、8Lほどの小分けになっているものも最近では増えています。

電気代

ウォーターサーバーはいつでも冷水と温水が利用できるようにするためには、電源を常に入れておく必要があります。 そのため、月々の電気代もチェックすべきコストの項目になります。 最近ではサーバーの省エネ嗜好が強くなっていて、電気代に関しても各メーカーの努力が見えるポイントとなっています。

メンテナンス代

ウォーターサーバーは水を扱う家電で、衛生的な観点から定期的なメンテナンスは必要です。 メーカーごとにメンテナンスのシステムも違い、月々のレンタル代がかかる反面、メンテナンス費用が無料なタイプや、月々は無料で、メンテナンス費用がかかるタイプなどがあります。 このほかにも解約金などが発生するメーカーもあるので、なるべく細かい部分まで比較して選ぶようにしましょう。 コスト面はメーカーによって大きく異なるので、どれくらい水をつかう予定なのか、サーバー代とメンテナンス代のどちらを重視するかなど、自分の求めるウォーターサーバー像を明確にしてから比較すると、コスト面はスムーズに決まりやすくなります。

水の種類

ウォーターサーバーを導入するほど水に関心のある人なら当然、水の種類にもこだわりたいですよね。 「軟水」か「硬水」なのか、「天然水」か「RO水(天然水をROろ過膜を通して純水の状態にして、ミネラル分を加えた水)」、どこの産地の水にするのかなど、コスト面以上に比較する項目が多く、悩ましいポイントです。 ウォーターサーバーをご家庭に導入する際は、赤ちゃんや小さい子でも問題なく飲める軟水やRO水がおすすめされます。 また、日頃不足しがちなミネラル分を補いたい人には、ミネラル豊富な硬水が相性が良いとされています。

メーカーによっては複数の水を取り扱っていることもあるので、自分の目的や環境にあっているかどうかを確認しましょう。

デザイン面

デザインは、ウォーターサーバーを比較する際に忘れてはいけないポイントです。 ウォーターサーバーというと、大きくて無骨な感じのものをイメージする人も多いかもしれませんが、最近ではウォーターサーバーのデザイン面を比較するサイトがあるほど、オシャレなデザインが主流になりつつあります。 カラーリングだけでなく、様々な部屋に溶け込めるような洗練されたデザインで、機能も先進的なサーバーも増えています。なかには「社会を前進させる良いデザイン」に与えられる、「グッドデザイン賞」を受賞したものもあります。 また、従来のウォーターサーバーは水の入ったボトルを上部に設置するのが当たり前でしたが、最近はサーバーの下部に設置するだけでも利用できるタイプも登場しました。 水の入ったボトルを設置するのが簡単で、女性でも難なくセッティングできることから注目されています。 ほかにも従来よりもずっとコンパクトな卓上型が登場するなど、今までよりもウォーターサーバーのデザインの自由度は高くなっています。 ただの家電としてではなく、オシャレな家具という視点でウォーターサーバーを選んでみるのもいいかもしれません。

おわりに

今回はウォーターサーバーを比較するポイントについて紹介しました。 紹介したポイント以外にも配送地域や、ボトルのデザインなど様々なチェック項目が人によってはあります。 昨今は色々なウォーターサーバーがあるので、自分の納得のいくメーカーがみつかるまでじっくりと探し、今までよりも良い水のある生活を目指しましょう。